ソーシャルメディアのコミュニケーションでシニアとの信頼関係を育む | 「スマートシニア」インターン受入れ団体インタビュー【3】

10 10月

care_1

NGOのイベントプロジェクト全行程を実施

高橋さん、鴇田さん、村上さんのシニアインターンを3 人受入れて、シニアインターンチームでひとつのイベント開催を担当してもらいました。新規支援者獲得イベント「care café」をインターンの2 ヵ月間で、企画会議から、広報、イベント準備・運営、実施後の参加者へのフォローアップまで、NGO イベントの一連の流れを経験してもらいました。これまでケア・インターナショナル ジャパンが開催したことのない、「団体の設立」に関するテーマを取り上げ、かつ高齢者がターゲットの企画を実施しました。シニアインターンに新しいテーマのイベントを開催してもらい、結果的には若い人の参加が目立ちましたが、「戦後」や「復興」というキーワードが若い人に響くと、団体内で気づくことができました。

シニアインターンチームの能力を活かしたイベント運営

 3 人のシニアインターンを受け入れたことで、一つの企画を任せることができました。イベントの企画会議から始まり、企画内容を詰めながら、イベントのコンテンツ収集・作成、広報用のチラシ作成・配布、アンケート作成、当日の茶菓子用意、司会進行、最後にイベントを総括した報告の全てをお任せできました。この一連の流れを自主的に実行してもらえたことで、インターンの仕事を通じて、当団体の活動内容やミッションが理解できたようです。

 ときおり3 人の仕事の仕方、性格が出来上がっているため、口論になったこともありましたが、コーディネータがそこまで介入しなくても解決できるのは、シニアインターンの特徴だと思いました。

 デザインに強いシニアインターンだったので、広報用のチラシデザイン、イベントの飾り付け、パネル展示やセミナーで登場するコンテンツ等がとても良くなりました。当団体のスタッフのバックグラウンドは国際開発畑が多く、刺激を受けました。

care_2

シニアのニーズを細かく把握する必要性

 オリエンテーションでもっと深くインターンのニーズを把握する必要があったと反省しています。自分のスキルを生かして仕事をしたい方や、自分のスキル以外でも雑務をしたい人、他のスタッフとの交流が欲しかったとの声がありました。

 ちょうど受入れ時期が繁忙期であり、他の部署のスタッフとの交流はできず、お願いしている仕事を提供するので精いっぱいでした。正直、年齢が上の方になるので、どのように仕事を依頼していいのか悩みました。シニアインターン主導で実行してもらった中で、趣旨がずれた瞬間に軌道修正をしましたが、指示するのはやはり難しかったです。

 シニアインターンの仕事のミスマッチを少なくするために、開始後も、例えば2 週間に1 度の定期モニタリングを実施するなどニーズや仕事の進捗状況を確認する場、コミュニケーションの機会を設けると良かったかもしれません。コミュニケーションに関するルール(やりたいことがあれば迷わず言ってもらう等)や、コーディネータ、他のスタッフとの関わり方を明確にする必要があったと思います。

ソーシャルメディアが長期的な支援関係の構築に役立つ

 インターン終了後も、シニアインターンのデザイナーの方に当団体の支援者獲得向けのチラシを作成してもらいました。また、デザイン学校の先生だったシニアインターンからは、スタッフ向けにレイアウトの基礎や、2 日間かけてデザインソフトのイラストレーター講習も行っていただきました。

 2 ヵ月間のインターン受入れでコーディネートがうまくいかなかった瞬間もありましたが、終了後に関係性が強くなったと思います。特にシニアインターンがFacebook やI Tのグループウェアの操作を学んでからインターンに臨んでもらえたので、オンラインの緩やかなつながりが継続しています。インターン終了後もイベントに参加してもらえたり、印刷物のデザインのちょっとしたフィードバック等が、ソーシャルメディアを活用してもらえていることで気軽にアドバイスがもらえる環境となっています。シニアによるソーシャルメディアの活用が、NPO の長期的支援者としての可能性を広げてくれました。

care_3

受入れ団体:公益財団法人 ケア・インターナショナル ジャパン
■スマートシニア受入れ…平日2日 / 週
活動内容:CARE は、貧困が克服され、人々が尊厳をもって安全に暮らすことのできる、希望に満ちた寛容で公正な世界を目指す。そして貧困の根絶に向けた世界的な動きの中で、グローバルな知見と起動力を発揮し、人々の尊厳に対する私たちの揺るぎない姿勢を、世界中の人々に認識されることを目指す。CARE の使命は、女性や女児に焦点を当て、世界の最も貧しいコミュニティにおける個人や家庭を支援 することにより、途上国の人々の自立を支援することである。 http://www.careintjp.org/

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。